牧 師 紹 介
牧師の写真
1956年、福井県に生まれる。
1989年、神戸改革派神学校を卒業後、金沢教会の牧師として就職。
日本キリスト改革派の大会「宣教と社会問題に関する委員会」の委員。中部中会「世と教会に関する委員会」委員長。
趣味は動物と遊ぶこと、エンジン・フォークリフトで除雪すること。
私の生まれた家庭は、浄土真宗の家庭で、キリスト教とは関わりのない家庭でした。
青年時代、私にとって最も大きな心の問題は、愛の問題でした。私の心は、何をもってしても抑えることができないほど激しく愛に飢え渇いていました。本物の愛、愛の本質を知りたいと渇望していました。
そうした中で、私は一人のクリスチャンの方と出会いました。そしてその方の導きで教会に通うようになりました。
はじめての礼拝で経験した賛美歌の透き通るようなきよい響きは感動的でした。しかし、自分の内側は、神はいる、いないの葛藤の連続でした。
その頃、読んだ一冊に、マーチン・ルーサー・キング牧師の書いた「自由への大いなる歩み」という本がありました。そのときはまだ聖書の愛の本質について知ってはいませんでしたが、ここにはキリスト教の愛の本質があるという深い確信を抱くことができました。教会に通い続ける中で、生ける神は、聖書において約束しておられる真実の愛をお与えくださいました。もう40年ほど前のことでありますが、イエス・キリストにおいて注いでくださった神のこの愛は、今も変わることがありません。傷つき傷つけながら生きている私たちの心を健全に包み、いやすことができるこの真実な愛を、皆様にも知っていただきたいと願っています。
「あなたは私たちを、ご自身にむけてお造りになりました。ですから私たちの心は、あなたのうちに憩うまで、安らぎを得ることができないのです」(アウグスティヌス『告白』より)
ごあいさつ
漆崎英之牧師
Copyright © 2017 Rcj Kanazawa Church. All rights reserved.